パーマを持たせる方法

2019/06/27
ロゴ

パーマをできるだけ長く持たせるには

日々のケアで長く持たせましょう!

むわっとした湿気!

髪が困る!どうにも決まらない!そんなときはパーマをかけることもしばしば。

そんなパーマを長くもたせるコツをお伝えしたいと思います。

 

まずはかけるときですが、しっかり目にかけましょう。

そして、日々のケアですが、まずシャンプーはよく泡出てて、髪を洗うのではなく、頭皮を洗うこと。毛先は伸ばさないように、頭皮に指をしっかりと立てて、揉み込むように洗いましょう。

トリートメントは、べたっとしないタイプのものを使った方が、カールが綺麗に出やすいと思います。

髪質にもよっては、トリートメントを使い分けて、しっとりタイプやふわっとタイプなど変えてあげるのもオススメです!

 

パーマを持たせるということは、髪のタンパク質の流出を防ぐこと。タンパク質を補給してあげること。この2つが鍵です!

 

髪の形を変える技術なので、それに伴うダメージで、タンパク質の流出はしやすくなってきます。

そこをケアして、長持ちさせる!それがパーマを持たせて良い髪型をキープするコツでもあるのです!!