言葉で伝えにくいことは他の方法で

2019/01/06
ロゴ

カウンセリングでうまく伝えられないと感じた時は

表現は様々なので難しいですよね

カウンセリング時にうまく言葉で伝えられない時ありますよね。

例えば、すっきりしたい、少し残したい、軽く、などなど曖昧な言葉はたくさんあります。

もちろん、同じ感覚で共有できれば良いですが、微妙に違うこともあります。

そんな時は、やはり写真が一番!

ヘアカタログの写真で、全く同じじゃなくても、長さや質感の目安になります。

もちろん、確認しながらやって行くので長めに切って微調整していくこともできます!

何回か担当させていただければ、より感覚は近づいてくるので、ご提案もより精度が増しますので、是非気になったことや、普段感じたこと、こうしてみたいけどどうかなと思うことなど、言葉や写真で教えてください!

もちろん、お任せも歓迎ですので、何にしたいか決まらなくても、ご相談いただければその時のベストをご提供できます。

ただ髪を切るのではなく、先々のご自分のスタイルを考える時間にサロンを利用いただくことも、美容室に求められていることだと考えています!