毎日のストレートアイロンでもいいよね

2018/11/03
ロゴ

縮毛矯正のしすぎより、毎日のアイロンの方が良いケースもあります

どちらの方がダメージするかは、場合によります

縮毛矯正をかけたことがある方は、思ったことがあるかもしれません。

縮毛矯正をかけることと、アイロンをすることはどちらの方が痛むのか。

答えは、場合により!です。曖昧な答えで申し訳ありません。

例えば、髪が固くて、しっかりしていてクセも強い、何をしてもすぐボリュームが出る!という髪質でしたら、縮毛矯正をしっかりかけてしまった方が、毎日楽ですし、アイロンも必要ありません。髪自体が、縮毛矯正(ストレートパーマ)のダメージ負担に耐えられる強さがあります。

逆に髪が猫っ毛でへなへな、またはハイトーンで痛んでいるなどのコシのない髪質の方は、パーマのダメージに耐えられずに、ストレートの効果が持たなくなってしまい、結局髪がパサついてしまったりします。そのような場合は、毎日のアイロンを丁寧にしてあげた方が綺麗にキープできたりします。

基本的には、髪の状態で、アイロンが良いか、縮毛矯正が良いか、ブローが良いかは変わるので、なんでもかんでもかければ良いわけではありません。

ぜひ髪にあった方法で綺麗にすることをチョイスしていただきたいと思います!!

もちろんご相談に乗りますので、お任せください!!