直毛は嫌だ!と思っていませんか?

2018/05/20
ロゴ

直毛は嫌だと思っている方は多いようです

1、直毛は困りやすい?

直毛とは髪がまっすぐな状態のこと。同時に髪が固めで思い通りにしにくい印象があります。

よく聞く困るポイントとしては、巻いたカールが持たない、毛先がぱつっとする、ボリュームが出ない、動きが出ない、短くすると横に膨らむ、はちが張るなど。

髪質は遺伝で受け継ぐ要素が強いので、自分で好きに選べないのがかなしいところですね。

 

2、パーマか強めのスタイリング剤がオススメ

直毛な場合、どうしても動きが出にくいのが特徴です。動きが出にくい髪は動きを足すことで、思い通りの髪型にしやすくなります。

それはカットで毛先をずらすこと、パーマ、スタイリングがコツ。

パーマも全体にかけるのではなく、必要な部分に必要なだけにかけることもできます。毛先だけ、トップだけ、前髪だけ。

動きをちょっと足すと解決する悩みもあります。

スタイリングは、持ちを考えると強い方が持ちがいいです。強い=固まるというイメージですので、よく固まることは形のキープには良い。

注意点はよくシャンプーをあわ立てて、ちゃんと毎日洗い流すことですね。

 

3、癖っけの方からは羨ましい

直毛の方はピンと来ないかもしれませんが、癖っ毛の方からは羨ましいと思われることもあります。

直毛だと、サラサラで艶が出やすいのも事実なので、綺麗に見えやすいのです。短い髪型だと、爽やか、清潔感が出ます。

そのような特徴を踏まえた上で、直毛とうまく付き合うと綺麗に過ごせます。

見方を変えて髪を受け入れて行くのも、大切なことだと思います!