パーマのお手入れのオススメは

2018/05/13
ロゴ

パーマのお手入れのオススメ

1、パーマは髪のタンパク質が変化した状態

サロンで人気のメニュー、パーマ。髪の形をカールにして動きのあるヘアスタイルにしてくれます。

パーマはお手入れは大変と思われがちですが、コツを掴めばそこまで難しくありません。

ケアのオススメが普段と少し変わるので、まとめてみましょう!

 

2、お手入れの基本

お手入れの基本はタンパク質の補給です。髪の主成分であるケラチンタンパク質が形を変えてパーマの形になっているのですが、日々のシャンプーやドライヤーで少しづつタンパク質が流出してしまいます。

タンパク質の流出が進むと、髪のコシがなくなってしまうのでカールの形が保ちにくくなっていき、パーマが『取れた』状態になってしまうのです。

そこで、パーマを保つためには、『タンパク質の補給のできるシャンプーやトリートメントを使って、コシを保つこと』が基本のお手入れになります!!

 

3、夜は保湿補修、朝は油膜(スタイリング)

簡単に綺麗にパーマを出すためにのコツをシーン別で確認して行きましょう。

夜 → 夜はシャンプー、トリートメントでタンパク質補給。そこで大切なのはシャンプーをよく泡立てること。泡立ちが良いと摩擦が軽減されるので、タンパク質の流出を予防することができます。毛先のダメージが気になる方は、毛先のアウトバスのオイルトリートメントなど傷んだところを集中的にケアしてあげましょう。

朝 → 朝はスタイリングです。パーマは髪の水分量が適切だとよく形が出るので、完全に乾いた状態よりかはすこーし湿らせてあげたほうが綺麗にスタイリングできます。

切りふきやミストトリートメントで水分補給をしてから油分で膜をして(ムース、ワックス、ジェルなど)水分が抜けにくいようにしてあげましょう!

スタイリング剤がべとついて苦手な方は、オイルトリートメントをつけてあげるとパーマが出やすくなりますのでオススメです!

 

パーマはダメージしてしまったりや扱いにくそうなイメージもありますが、正しいケアをして行けば簡単にできますので、オススメメニューですよ!

雰囲気を変えたい方や、なんか髪型に飽きてしまった方はぜひご検討してみてください!!