スタイリングがしやすいとは

2019/03/01
ロゴ

スタイリングしやすいヘアスタイルの作り方

基本に忠実に

スタイリングがしやすいようにヘアスタイルを作ることは気にしています。

よく『セットが苦手』『スタイリングの時間がなかなかない』というようなお言葉を伺います。

それを言わなくても解決してくれる美容師でいたいなといつも思います。

そこで、私なりのスタイリングがしやすいヘアスタイルはどのようなものかを挙げてみたいと思います。

 

長さ別ですが、ショートは少し丸みを持たせたマッシュレイヤーベース。特に鉢の長さ調整で短くしすぎると形が綺麗に出ないので少し手こずります。必要な長さは残して、他はしっかり切る。それで、簡単なドライで決まるようになります。

ミディアムは、レイヤーの少なめなボブベース。長さが肩や鎖骨に当たるので軽すぎるとすぐ毛先がまとまらなくなり、ぼさっとした印象になってしまいます。そこであえてトップの長さは残して、動きを制限して挙げたほうがスタイリングがしやすくなります。

ロングはまたレイヤーを使ってくのがオススメなので、毛先の動きは出しつつも全体の量の取り方を工夫します。表面や顔まわりの量の取り方を控えめにして中を多めに軽くします。

そうすることで髪の中に空間ができ、自然な動きが出しやすくなります。

全てに共通して言えるのが、髪の健康も大事ということ。

髪が傷んでいたらどうしてもパサパサになってしまい、一日綺麗な髪が持ちにくくなってしまいます。

綺麗な髪でいるために、トリートメントや痛みの出にくい扱い方で、髪にダメージを与えないように気をつけることで、より綺麗なスタイリングを保ちやすくなるものです!!

ケアもお一人づつに合わせて、ご提案していますので、是非ともご相談ください!